いま話題の、目を大きくするマッサージ、その方法は

日本人を含め東洋人の目は、まぶたが厚いため外見は切れ長の見た目の人が多く、ぱっちりと大きな目の印象を与える外見を持つ人は相対的に少ないといわれてきました。

今ではマスカラやつけまつげが普及しているので、それなりに目を大きい印象を与えるのはさほど難しくはありません。

しかし目を大きくするマッサージによって、ぱっちりと大きな目にすることも可能です。その具体的方法を説明しましょう。

目を大きくするマッサージで大切なことは、目の周りの血液循環を改善して、肌にハリを持たせることで瞼を引締め、目の印象を変化させることです。

マッサージをする前に手は温めておきます。血液循環を良くするにはマッサージをする手もぬるま湯などにつけて温めましょう。

その手にはマッサージクリームまたはオイルをなじませておきます。少し多めに感じるくらいを手のひらになじませておきましょう。

ではマッサージの方法です。親指は指先をこめかみに当てたまま固定しておきます。

人差し指の指先を眉頭から眉尻の方向に向かって、上まぶたをマッサージします。下まぶたも同様の要領でマッサージしましょう。

これを上下で5回ずつ行います。指の使い方は同様の方法で、親指を支点にして人差し指の指先で眉に沿ってマッサージします。これも5回行います。マッサージ後は手のひらで優しく覆って、軽く押さえたら終了です。

目を大きくするマッサージは、実践してみると意外と簡単にできます。ちょっとしたケアで目の印象も代わるのでおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です