プログラミングスクールとは

現代の社会はIT化が進み、子どもたちは小さなころからスマートフォンやパソコン、タブレットといった情報端末に触れています。

SNSの普及や、AI、ロボットといった技術革新が急速に進んでいます。今後は多くの専門知識をもつ人材が必要となりますが、日本ではプログラミング教育は非常に遅れているのが実情です。将来、ITの分野で深刻な人材不足が予想されます。

このような状況下において、子どものうちからプログラミングを学習するスクールが人気を集めています。専門の講師からプログラミングを学べるスクールでは、アイディアを形にする論理的思考が養われ、問題解決能力も習得できます。新しい能力の育成が、プログラミングスクールに期待されています。

プログラミングスクールで身につくものは、知識や論理的思考の他にも、チームでアイデアを出し合うことで、発想力など想像する力を育むことができます。アイデアを形にする段階ではプログラムを設計するためにフローチャートを使います。

ここでは、デザイン力が磨かれます。また、アイデアを他者に伝えたり、表現するためにはコミュニケーション能力も必要となります。自分の意見を相手にうまく伝えるための表現力も培えます。

様々に考える過程では、問題を解決するために、考え抜く力も必要となります。子どもたちが、色々な方法を試行錯誤しながら考えていく過程で、これだけのことが身に付きます。子どもたちの興味を伸ばし、能力を引き出せるスクールを選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です