プログラミングはスクールで学ぶべきか

プログラミングは独学で学ぶべきでしょうか、それともスクールに通って勉強した方がいいのでしょうか。

転職にせよフリーランスの活動を目指すにせよ、この点について悩まれる方も多いかと思います。独学でプログラミングのスキルを身に付けて活躍しているエンジニアもかなりいますが、この方法が本当に合っているのかどうかは一度検討してみる必要があります。時間に縛られないというメリットがあります。

自分がやりたい時にやれるので、たとえば転職などを目指している人が、会社に通いながら勉強するためには、どうしてもこの方法がよくなってくるでしょう。残業などが多い会社など、退社時間が変則的な場所で働いている人は、スクールの時間のことが気になって本業の身が入らないということも起こってしまうかもしれません。

ですが独学でプログラミングを学ぶ場合の一番の問題はモチベーションの管理です。最初はやる気があっても成果がすぐにあらわれないと、中々手を付けられないまま時間を過ごしてしまうようなことになってしまうかもしれません。

そういった意味でスクールに通うと、仲間ができて、同じ目的を持っている人などから有益な情報が得られることがあります。自分ではどれだけ調べたつもりでも、他の人の意見を聞くと案外見落としがあったことに気付くものです。

それに学校に通わなければいけないというプレッシャーが、辛い時でも勉学に打ち込むモチベーションになってくれます。少し大変に思えてもはじめるうちに段々やる気になってきて、継続できたりするものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です