フリーランスの職業とは

フリーランスには、様々な仕事があり転職を考える際には自分の知識やスキルを活かせるものを探すと良いでしょう。

主なフリーランスの職種は5つあり、1つはライター系、2つ目はデザイン系、3つ目はIT系、4つ目は販売系、5つ目はエンタメ系です。ライター系の仕事の特徴は、WEBライターやコピーライターなど文章能力が活かせるもので特別なスキルがなくても始めやすいです。また、パソコンや文章作成ソフトがあれば良いので初期投資が少なくて済みます。

収入は年収10万~500万くらいまでと様々で、文字の入力スピードや文章の構築スキルでかなり差が出ます。デザイン系の仕事は、会社のロゴなどを作成するグラフィックデザイナーやホームページを作成するWEBデザイナーなどがあります。デザインのクリエイティブな才能を活かせる仕事で、パソコン画像処理ソフトがあれば初心者でも始めやすいしごとです。

年収は200万~500万くらいが平均で、スキル次第で外部からの発注を多く受けられればさらに報酬が上がります。IT系の仕事は、プログラムの設計をするプログラマーやアプリを開発するアプリケーションエンジニアなどがあります。専門の知識が必要となる職種なので高い報酬が見込める仕事で、年収は300万~1000万くらいになります。販売系の仕事は、ネットで商品を販売したりするものでお店を持たなくても始められるので初期投資が少なくて済みます。

ホームページを作成し通販をする以外にも、楽天などを利用すれば楽に始められます。エンタメ系で注目されているのは動画サイトに投稿し、動画の視聴者を増やすことで報酬を得るものです。フリーランスのにも様々な働き方があるので、エンジニアスクールで自分の得意分野を把握し仕事を選べば自由な働き方が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *