フリーランスのメリットとデメリット

フリーランスとは、特定の企業や集団に属さず、自由気ままに仕事をすることで、自由業とか個人経営などとも呼ばれます。

仕事内容は様々ですが、特に医師や弁護士などの専門職や、エンジニアやライターなどが目立ちます。では、会社勤務ではなくフリーランスを選ぶメリットは何なのか、またデメリットにはどんなものがあるのか、簡単に見ていきましょう。まず一番のメリットとしては、稼いだお金はすべて自分の元に入ることです。

会社勤務では、基本的に毎月の収入が決まっているので、評価されたり残業したりして多少上がるにしても、概ね一定の額で推移していきます。一方でフリーランスでは、働けば働いた分大きな収入となって返ってきますし、逆に休もうと思えばいつでも休むことができるなど、非常に自由な働き方が可能になります。会社特有の人間関係や地位なども気にする必要がなく、また何かアイディアをおもいついた際に、わざわざ上司の指示を仰がなくても良いので、自由気ままに、自分が目指す方向性を目指して働けるということも大きなメリットでしょう。

一方のデメリットとしては、収入が安定しないことや、事務的なことから確定申告まで、すべて自分一人でやらなければならないこと、事業のリスクを分散できないことなどが挙げられます。ただし、収入の安定などのデメリットは、自分の努力次第でいくらでも消すことはできるので、事業が安定するまでは必死に努力し、また安定したあとも常に、今後を見据えるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *