フリーランスになりやすい大学の学部

フリーランスになりやすい大学の学部は文理融合学部の中でコンピュータプログラミングやコンピュータアート、メディア関係について学べる学部です。

環境情報学部や総合情報学部、情報文化学部などの名称になっているところが多いですが、要は文理融合学部でコンピュータプログラミングやコンピュータアート、メディア関係のことを学べる学部が強いのです。フリーランスに多い職業のトップはデザイナーです。ウェブデザイナーなどのようにコンピュータを使う場合も多いのです。今は修正が難しい手書きよりもコンピュータで製作することが多いので、これらの学部で学ぶと良いのです。

次に多いのがコンピュータエンジニアです。プログラミングをして何かを作るので、プログラミングを学んでいることが大切です。この職種に限って言えば、情報工学部なども有利です。また、ライターなどもフリーランスになりやすいです。こちらもコンピュータを多用しますし、メディアについて学んでいると有利です。

だから、紹介したような学部で学ぶとなりやすいです。また、スポーツなどのインストラクターもフリーランスになりやすい仕事です。体育学部や舞踏学部などで学ぶのも良いでしょう。どんな学部でも趣味で何かのスポーツなどを極め、教えられるレベルになればフリーランスにもなれます。だから、こちらは一概に学部に拘ることはありません。ただし、理系の学部だと学問が忙しくて、何か他のことを極めるのは難しくなるので、文系の方が好ましいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *