フリーランスとして働くことの強み

個人事業主とも呼ばれるフリーランスは、どこかの会社や団体に所属せず独立した上で働くという働き方のことを指します。

職業分類上では自由業とも呼ばれています。仕事の依頼を請け負い、その都度契約を結んで成果を出し、報酬を受け取るというスタイルを採る方が多いです。フリーランスとして働く方の多い業種はマスメディアや芸術家、IT業界のエンジニア、そして塾講師です。

専門性の高いものとしては通訳や編集者、ウェディングプランナーなどもあります。このような特徴を持つフリーランスには、会社を辞めるからこそ得られるメリットがいくつかあります。まず独立する一番の大きなメリットが収入面です。会社などに所属しないことで社会保険料や会社の儲けとして差し引かれる分がないため、同じ仕事量をこなせば自然と収入がアップします。そして自分の好きなように働けるということです。

特に就業規則はないのでたくさん休んだり、反対に70歳を超えて働き続けることも可能です。さらに副業できるという強みもあります。好きな仕事をメインにし、収入を増やすためにアルバイトをすることも可能ですし、全く違うジャンルの仕事を兼業することも可能です。少し特殊な例としては面倒な人付き合いをしなくて済むというものもあります。直接依頼を受けなければならない業種だとそうは行きませんが、IT業界やライター、翻訳家などインターネットで依頼を請け負う業種の場合、人と会ってやり取りをする必要がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *