フリーランスで働くメリット

サラリーマンを辞めてフリーランスでエンジニアやデザイナーになるメリットは、収入がアップするという事です。

個人事業主となって年収1000万円を超える事も夢ではありませんが、サラリーマンの平均年収を上回るためにはジョブスキルと信頼が必要になります。ジョブスキルとは、高い報酬の案件に参画できるスキルです。信頼とは周囲にあの人にお願いすれば大丈夫と思わせる事を指し、ジョブスキルと信頼さえ備えていれば収入増加も期待できます。フリーランスのメリットには仕事内容の自由度が増すという点もあります。

サラリーマンとして働く場合には会社の方針に従って苦手な事もこなす必要があります。案件ごとに参画するフリーエンジニアになれば興味がある案件や得意な案件に特化する事ができます。自分の強みを生かして案件の選択を行えば得意な事にだけ注力する事ができ、不得意な事は無理に引き受けてしまうと、自分だけでなく依頼者にも不利益になってしまいます。自分の得意とする分野の仕事を増やしていきクライアントとのより良い関係を構築していく事を心掛けます。フリーランスとして業務委託契約を締結する場合には、仕事の進め方はクライアントと合意できていれば自由です。

個人事業主が支払う税金は、所得税・事業税・住民税・消費税となり、税金を軽減するためには対策が必要です。小規模企業共済への加入なども含めて、経費や保険の見直しを行い、全て漏れなく確定申告を行えば課税対象額を減らす事ができます。フリーランスの場合には、クライアントが求めるスキルが備わっていれば、何歳になっても働く事が可能です。会社員の場合には、決まった年齢の誕生日を迎えたらどんなに優秀な人であっても退職する事になります。再雇用制度を利用する事ができる企業もありますが、収入が半減してしまう事もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *