ソフトウェアの不具合を減らす

ソフトウェア開発では不具合を減らすことが最優先事項です。

不具合を放置して機能を追加したり、パフォーマンスアップをする場合もありますが、不具合を残したまま製品化したり、公開することは後々問題が大きくなります。ソフトウェアの不具合を減らす効果的な方法はテストをしっかりすることです。テストと言えば動作確認のことですが、ソフトウェア開発においてテストは動作確認とは違う面もあります。

テストには単体、結合、システム、稼働とそれぞれの場合で異なります。特に単体テストの場合はプログラマに一任されることが多いためテストの内容がかなり変わってくることが多いようです。単体テストでは自動化も行なわれるほどテスト項目は決まってくるのですが、プログラマによってはテスト項目を省いて結合テストに出してしまったり、自動化テストを通すために改変するなどして全体のプログラムへの影響を考慮せずに進める場合もあります。

そのため、プロジェクトでソフトウェア開発をする場合にはテスト項目の一般化を行なうことが多く、テストの仕方、規約を配布して厳守するように求めることが増えています。テストがしっかり行われていれば想定されている機能のパフォーマンスは出ますし、なにより、不具合が発生した場合に対応がしやすくなります。
またテストがしっかり行われ、ドキュメントに残っていれば保守作業においてコーディングを修正する場合でも対応がとりやすいというメリットも生まれます。
エンジニアスクールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *