写真のデータを使って情報を活用するソフトウェア

写真は、デジタルカメラやスマートフォンなどで撮影する事が出来るようになった事で多彩な物を撮影出来ます。

デジタル機器で撮影した写真は、Exifと呼ばれるデータが埋め込まれます。このデータは、撮影したカメラの情報や撮影した場所などの位置情報を埋め込む事が出来ます。写真を整理する為の写真管理ソフトウェアを使う事によって、このデータで管理を行う事が出来たり、地図ソフトと連携する事で、撮影場所を地図上に示すといった事が可能です。一方で、プライベートな写真で撮影場所を知られたくない場合には、Exifを編集したり、削除したり出来るソフトウェアも存在します。

ブログサービスでは、デフォルトで画像をアップロードした際に、Exifを削除するようにしていますので、個人情報流出を防ぐ事が可能です。Exifデータは使い方によっては有益な情報源となりますので、ソフトウェアを上手に使っていきますと効果的です。

撮影した写真を地図ソフトで示したいといった時には、このExifデータを使って地図に位置情報を取り込んで撮影スポットを教えるといった事が可能ですので、同じ趣味の人に情報を発信したいといった時に重宝するでしょう。Exifデータは、撮影した機器の情報や日にちだけを埋め込んでおく事も可能であり、写真撮影をしている人々が綺麗な写真を見掛けて、撮影した機器の情報を知りたい時に、Exifデータを使えば、簡単に撮影機器を知る事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *