Macでソフトウェアを作る

ソフトウェアはOSごとにプログラムする必要があります。

現在のコンピュータのシェアから言えばWindowsが断然多いのですが、開発者の比率は必ずしもコンピュータのシェアとは比例しないようです。また、開発においても実行したいコンピュータやOSで開発することは必ずしも必要なくなっています。そのため、使いやすい開発環境があればOSは気にしないという方も多いようです。

Macについても同様であり、WindowsやアンドロイドなどさまざまなOS用のソフトウェア開発が可能となっています。ただし、Mac用のソフトウェアについては最終的にはMacでコンパイルする必要があることが多いようです。Mac用のソフトウェアを開発するには通常Xcodeと呼ばれるアップル社の開発キットを利用するのが一般的です。

Xcodeは無料で配布されており、アップストアに登録しないなら無料で開発を行なうこともできます。ただし、Xcodeはアップル製品の開発のみに対応していることから他のOS用の開発には別な開発キットを利用することが多いようです。ただし、Macで動作する開発キットは多数あることからWidnowsだけではなく、Linux、ゲーム機などの開発においてもMacが活躍する場面は多くなってきています。Macが選ばれる理由としてはOSがUnixベースであり、Unixベースの豊富な開発ツールがそのまま利用できるからとも言われています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *