バナー

中古車の年式と走行距離について

中古車における年式と走行距離というのは大きな意味がありますが、重要視しすぎるのもあまり良くありません。


車のことをよく知らない人が車の状態を推し量る指標として、年式や走行距離は非常に便利なものですが、だからといってそれだけで車の状態を推し量ることは出来ないためです。



基本的には年式が古いほうが状態が悪く、新しい物ほど良い、走行距離が長いものほど状態が悪く、短いものが良いという考えで問題ないのですが、これらはあくまでも新しいもの走行距離が短いもののほうが消耗具合も少ないだろうという予測のもと判断するものであるため、年式が古くて走行距離が多くても日頃のメンテナンスがしっかりとされている車はコンディションがいい状態を保つもことができていますし、逆に新しくて走行距離が短くてもメンテナンスもされずにいい加減に扱われて入れば状態は悪くなってしまいます。

快適な暮らしを実現するためのOKWaveに関して悩んだら、是非お試し下さい。

そのため、中古車を探す時に年式や走行距離を参考にするのは大切なことなのですが、それ以上に状態面であったり整備がしっかりと行われてきたのかという部分をしっかりチェックして選ぶようにしましょう。



単純に年式や走行距離だけで選ぶと、整備不良の車を選んでしまうリスクが有り損をしてしまうことがありますし、逆に年式が古く走行距離が多いというだけで状態がいいにもかかわらず、安値で販売されている車を見つけることもできるので、中古車選びは状態面の確認が大切となるのです。